野党、首相の任命責任を追及 今村氏の議員辞職要求も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進、共産、自由、社民の野党4党は26日、国対委員長会談を国会内で開催し、復興相を辞任した今村氏の議員辞職を要求する方針で一致した。安倍首相が出席する衆院予算委員会の集中審議開催を求めることも確認。首相の任命責任を国会で問う考えだ。

 民進党の蓮舫代表は党会合で「復興の任に値しない今村氏を守っていたのは首相だ。辞めさせて終わりにするのはあまりにも国民をばかにしている」と非難した。

 共産党の穀田国対委員長は、今村氏が今月4日にも東日本大震災を巡る問題発言をしたばかりだったことを踏まえ「問題閣僚を続投させた首相の任命責任はかつてなく大きい」と記者団に強調した。