海自最大の護衛艦海外へ シンガポールの観艦式参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 海上自衛隊は26日、海自最大の艦艇となるヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」がシンガポール海軍主催の国際観艦式に参加すると発表した。護衛艦「さざなみ」と合わせ、隊員計約700人が出席する。海自によると、2015年3月に就役したいずもが国外に出るのは初めて。

 海自によると、シンガポール海軍創設50年を記念した催しで、30カ国以上から関係者が参加し、25隻を超える艦艇がシンガポールに集まる見通し。観艦式に先立ち、いずもとさざなみは近くの洋上で参加する一部の国の艦艇と通信などの多国間訓練を実施する。