巨人・高木京投手、復帰後初登板 野球賭博で失格処分明け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 野球賭博での失格処分が明け、独立リーグ、ルートインBCリーグ武蔵との試合に3軍の一員として登板した巨人の高木京介投手=川崎市のジャイアンツ球場

 野球賭博に関与したとして受けた1年間の失格処分が明け、巨人と育成選手で再契約した高木京介投手(27)が26日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた独立リーグ、ルートインBCリーグ武蔵との試合に3軍の一員として球界復帰後初の実戦に臨んだ。1回を投げて無安打無失点と好投し「心地よい疲れがあり充実した。いろんな方々に支えてもらい、マウンドに立てて感謝しかない」と神妙な表情で語った。

 八回にマウンドへ上がると1四球を与えただけで2三振を奪い、最速は143キロを計測した。