「平和な子ども描けない」 安保訴訟で児童文学作家那須さん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 口頭弁論後の報告集会で話す、児童文学作家の那須正幹さん=26日午後、山口市

 安全保障関連法は違憲として、山口県の116人が国に1人当たり10万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、山口地裁(福井美枝裁判長)で開かれた。原告で、幼少期に広島で被爆した児童文学「ズッコケ三人組」シリーズの作家那須正幹さん(74)=山口県防府市=は「日本は再び戦争する国に変わり、平和で民主的に暮らす子どもたちを描けなくなった」と意見陳述した。

 全国各地の裁判所で争われている集団訴訟の一つ。国側は請求棄却を求めた。

 原告側は集団的自衛権の行使を可能にした安保関連法は違憲で、平和的生存権や人格権を侵害されたと主張している。