プール飛び込み指導禁止へ、鳥取 公立小学校、授業外も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 鳥取県が県内の公立小学校に対し、授業以外であっても学校のプールを使用した水泳の飛び込み指導を禁止する方針を示すことで関係団体と調整を進めていることが26日、県教育委員会などへの取材で分かった。

 同県湯梨浜町で昨年7月、町立小6年の女子児童が放課後の課外授業でプールに飛び込み頸髄損傷の重傷を負う事故があり、再発防止策としての措置。スポーツ庁や専門家によると、授業時間外の活動を規制するのは全国的にも珍しいという。

 県教委によると、昨年の事故を受けて県内の公立小学校を対象に実態を調査した。