那覇空港、指示誤認や遅れ重なる 3機トラブルの調査報告書

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 運輸安全委員会は27日、那覇空港で2015年6月に起きた、航空自衛隊ヘリコプター1機と民間機2機が関係した離着陸トラブルの調査報告書を公表した。管制官が民間機に出した離陸許可をヘリが自機への指示と誤認したほか、着陸寸前だった別の民間機に向けた管制官のやり直し指示が遅れるなど、複数のミスが重なったと指摘した。

 報告書は「指示は時機を逸していた」として「予期せぬ状況下ではちゅうちょなく着陸許可の取り消しなどを指示することが重要」と述べた。

 パイロットに対しては「一部でも聞き取れなかったり、不確かだったりする場合は確認を求める基本的な対応が必要だ」と指摘した。