中村紀洋氏が高校野球コーチに プロ野球近鉄などで活躍

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中村紀洋氏

 プロ野球の近鉄、中日などで活躍し、米大リーグのドジャースでプレーした中村紀洋氏(43)が静岡・浜松開誠館高野球部のコーチに4月から就任したことが27日、分かった。5月1日に記者会見を行う。同氏は昨年2月に学生野球指導資格の回復が認定されている。

 学校側によると、元中日で同校野球部の佐野心監督と親交があることから快諾を得たという。「非常勤コーチ」として講演などの活動の合間に可能な限り指導にあたる。

 大阪府出身の中村氏は1992年にドラフト4位で近鉄入団。楽天などでもプレーし、2014年にDeNAを自由契約となった。日米通算成績は2106安打、404本塁打。