KSS、タカタに2千億円出資へ リコール問題で経営悪化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題で経営が悪化しているタカタに対し、中国企業傘下の米自動車部品会社キー・セーフティー・システムズ(KSS)が2千億円規模の出資を検討していることが27日、分かった。

 タカタの経営再建策を巡っては、シートベルトやチャイルドシートなど健全事業を新会社に切り離し、スポンサーの出資を受けて再生を目指す案で最終調整が進んでいる。スポンサーにはKSSが選定される見通しだ。

 タカタと、取引先の自動車メーカーは詰めの協議を急ぎ、5月中にも再建策で合意したい考え。