訴え対象、勝俣氏ら5人に 東京電力の株主代表訴訟

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島第1原発事故を巡る東京電力の株主代表訴訟の第32回口頭弁論が27日、東京地裁で開かれた。株主側は歴代経営陣ら27人を訴えていたが、広瀬直己現社長ら22人に対する訴えの取り下げが正式に決まり、責任追及の対象は勝俣恒久元会長ら5人に絞られた。

 5人は勝俣氏のほか武藤栄元副社長、武黒一郎元副社長、清水正孝元社長、小森明生元常務。閉廷後に記者会見した株主側の海渡雄一弁護士は「津波対策を先送りした人たちに絞り、極めてシンプルな訴訟になった」と話した。