高樹沙耶被告に有罪判決、那覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 有罪判決後に記者団の取材に応じ、頭を下げる高樹沙耶被告=27日午後、那覇市

 沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優高樹沙耶(本名益戸育江)被告(53)に、那覇地裁は27日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

 弁護側は、所持していたのは当時同居していた会社役員森山繁成被告(58)=公判中=で「高樹被告は大麻の管理はしていない」と無罪を主張したが、潮海二郎裁判長は「高樹被告が自宅への大麻の持ち込みを許可し、管理し得る状態にあったことは明らかだ」と退け、共同所持を認めた。