王者・田中「しびれる闘いに」 WBO初防衛戦へ練習公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 初防衛戦に向け、練習を公開した田中恒成=名古屋市

 5月20日に名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで初防衛戦を行う世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が27日、名古屋市内で練習を公開し「いい練習ができているし、体調もいい。(王座に就いた昨年の)大みそか以上のパフォーマンスをして、しびれる闘いにする」と語った。

 3ラウンドのスパーリングなどで力強さと軽快さを兼ね備えた動きを披露。挑戦者のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)は16戦16勝(16KO)のハードパンチャーで「触らせずに(攻撃を)かわせたら理想」と相手との距離をテーマに対策を進める。