協会、力士らに社会ルール研修会 野球の小久保氏も講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 野球の小久保裕紀氏の講演などが行われた日本相撲協会の社会ルール研修会=27日午後、東京都墨田区の両国国技館

 日本相撲協会は27日、力士や親方ら協会員を対象に、社会人としてのルール徹底などを図る研修会を東京都墨田区の両国国技館で開いた。

 野球の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で監督を務めた小久保裕紀氏も講演を行った。報道陣の取材に「(スポーツ選手は)世間からの注目度が高い。自覚を持った行動をすることが大切」と心構えを説いた。

 大相撲人気が高まり、力士への注目も増している。八角理事長(元横綱北勝海)は「周囲の目は温かくも厳しくなっている。一人のルール違反が相撲協会全体のイメージを悪くする」と、あいさつで呼び掛けた。