日銀、物価上昇のシナリオ変えず 総裁会見「勢いは維持」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 金融政策決定会合後、記者会見する日銀の黒田総裁=27日午後、日銀本店

 日銀は27日、国内景気の現状判断を「緩やかな拡大に転じつつある」と上方修正した一方、2017年度の物価上昇率の見通しを1・4%に引き下げた。黒田東彦総裁は金融政策決定会合後の記者会見で、物価上昇率2%の目標実現に向けて「勢いは維持されている」と強調。「18年度ごろ」に目標を達成するとしている物価上昇のシナリオを変えなかった。

 日銀が景気判断に「拡大」という表現を盛り込んだのは、リーマン・ショック直前の08年3月以来、約9年ぶりとなる。黒田氏は、堅調な海外経済に支えられて輸出や生産が伸びたとして、判断を「一歩前進させた」と説明した。