自民、引き締めが必要の声続出 今村氏発言、党内の危機感反映

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党各派の27日の会合で、東日本大震災の被害を巡り「まだ東北で良かった」と発言し辞任に追い込まれた今村雅弘前復興相への批判や、自民党内の引き締めが必要だとする意見が続出した。二階俊博幹事長によるマスコミ批判への苦言とみられる指摘もあった。閣僚らの不適切な言動が後を絶たない中、党内の危機感が反映された形だ。

 麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相は「ふざけた発言だ。緊張感に欠ける」と今村氏を酷評。石原派会長の石原伸晃経済再生担当相は「被災者の反応は大変厳しい。脇を締めて難局に当たる必要がある」とした。