ヨネクラジムが8月で閉鎖 世界王者5人、会長高齢で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロボクシングでガッツ石松ら5人の世界王者が誕生したヨネクラジムが27日、ことし8月末でジムを閉鎖すると発表した。米倉健司会長が82歳と高齢で体調が優れず指導に専念できなくなったため。「一代限り」という会長の意向もあり、所属選手は移籍の手続きを進めていく。

 米倉会長は1956年メルボルン五輪日本代表で、プロ転向後には日本王座などに就いた。ジム創設は63年。ガッツ石松のほか、柴田国明、中島成雄、大橋秀行、川島郭志が世界王者となった。日本、東洋太平洋も含めて多くの王者を育て「チャンピオンメーカー」と称された。