G大阪、サポーターの解散届受理 ナチス想起の応援旗で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 J1のG大阪は27日、サポーターが16日のC大阪戦でナチス親衛隊のマークを連想させる応援旗を掲げた問題で、当のサポーターグループからの解散届を受理し、同グループ全員を無期限入場禁止としたと発表した。

 ホーム、アウェーを問わず全ての公式戦で、G大阪を応援する横断幕や旗などの掲出物を禁止する措置も継続する。

 またクラブとサポーターが共同で応援の在り方を検討し、改革するためのプロジェクトチームを発足させるとした。