松山、谷原組は69で11位 米男子ゴルフ第1日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フォアサムの第1ラウンド、11番でラインを読む谷原秀人(手前)と松山英樹=TPCルイジアナ(共同)

 【エーボンデール(米ルイジアナ州)共同】米男子ゴルフのチューリッヒ・クラシックは27日、ルイジアナ州エーボンデールのTPCルイジアナ(パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹、谷原秀人組は5バーディー、2ボギーの69で首位と3打差の11位と好スタートを切った。大会は2人一組で争われ、第1日は一つのボールを交互に打つフォアサムだった。

 ジョーダン・スピース、ライアン・パーマー組(米国)、カイル・スタンリー(米国)ライアン・ラッフェルズ(オーストラリア)組が66でトップに並んだ。

 第2日はホールごとに良い方のスコアを採用するフォアボールで行われる。