6人死傷火災ゴキブリ駆除原因か 広島のメイドカフェ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広島市で2015年10月、メイドカフェの客ら6人が死傷したビル火災で、別の飲食店の男性従業員がゴキブリを駆除しようと火を使ったことが出火原因とみられることが28日、捜査関係者への取材で分かった。広島県警は重過失失火の疑いで、この男性を近く書類送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男性はビル1階の階段近くでゴキブリを駆除するためアルコールスプレーをまき、ガスバーナーで火を付けたとみられる。県警はこの火が延焼し、火災につながったとみている。

 火災は15年10月8日夜、2階建ての雑居ビルで発生した。