今村氏辞任「他山の石に」 失言問題で閣僚発言

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今村雅弘氏が失言で復興相を辞任したことに関し、山本公一環境相は28日の記者会見で「他山の石とし、気を引き締めて仕事に当たらなければならない」と述べた。後任の吉野正芳復興相については「自らも被災者であり、最も適任の方だ」と評した。

 高市早苗総務相は会見で「内閣に緩みが出ているという批判は承知しているし、真摯に受け止める」と述べ、自治体職員の派遣などを通じ、引き続き被災地を支援したいとの考えを強調した。

 松本純防災担当相は「私自身は今後とも被災者に寄り添いながら、緊張感を持って誠実に職務に当たりたい」と話した。