パリ協定への対処表明へ トランプ氏、脱退か否か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ホワイトハウスの執務室で、窓から外を眺めるトランプ大統領=27日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、ロイター通信とのインタビューで、地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」から米国が脱退するかどうかを約2週間後に表明すると語った。

 トランプ氏は「パリ協定は不公平だ。中国、ロシア、インドや他の国々は米国と比べて実質的に何も負担していない」と不満を述べた。

 トランプ氏は大統領選中にパリ協定から脱退すると主張していたが、就任後は態度を明確にしていない。3月下旬に署名した温暖化対策の規制を見直す大統領令でもパリ協定の取り扱いに触れなかった。