ソニー営業利益見通し5千億円に 18年3月期、PS4好調

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ソニーは28日、2018年3月期連結決算の業績見通しを発表し、本業のもうけを示す営業利益を前期比73・2%増の5千億円とした。達成すれば、1998年3月期の5202億円に次ぐ2度目の大台突破となる。

 主力のスマートフォン向け半導体事業が大きく復調すると見込んだため。家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の販売好調も踏まえた。純利益の予想は約3・5倍の2550億円とした。

 17年3月期の売上高は6・2%減の7兆6032億円、純利益が50・4%減の732億円だった。映画事業の価値を低く見直したことなどにより足踏みした。