井山碁聖と久保王将が受賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 関西囲碁将棋記者クラブは28日、第25回記者クラブ賞に囲碁の井山裕太碁聖(27)と将棋の久保利明王将(41)を選出した。井山碁聖は6年連続10度目、久保王将は6年ぶり5度目の受賞。

 また、多くの後進の指導、育成に尽力した森信雄七段(65)に特別賞を贈ることも決めた。

 井山碁聖は昨年11月、名人を失い、全七冠から6冠に後退。その後のタイトル戦で防衛を重ね6冠を堅持した。久保王将は今年3月、当時の王将だった郷田真隆九段を下し、6期ぶり通算3期目の王将位を獲得した。