五輪と東京マラソンが協定 警備、輸送などで連携

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、大会の成功に向けて東京マラソン財団と連携協定を締結したと発表した。警備、輸送、ボランティアなどの分野で、ことし2月に11回目が開催された東京マラソンのノウハウを五輪・パラリンピックの運営に生かすほか、20年大会の国内PR活動でも協力する。

 00年シドニー五輪女子マラソンの金メダリストで、組織委のアスリート委員長を務める高橋尚子さんは「世界有数の市民マラソンである東京マラソンのノウハウを20年大会の準備に生かし、その過程で培われたノウハウや人材をレガシーとして東京マラソンに継承していく」とコメントした。