豊洲移転の是非も都議選争点に 小池氏、判断時期は白紙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 定例記者会見で豊洲市場の移転問題について話す小池百合子東京都知事=28日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は28日の定例記者会見で、7月の都議選で、築地市場の豊洲移転の是非も争点になるとの考えを示した。争点は、豊洲への移転を巡るこれまでの都政運営なのか、移転の是非になるのかを問われ「両方だと思う。消費者、都民は全体を見ている」と述べた。

 ただ、自身が移転可否を都議選前に判断するかどうかは「今は一つずつの課題を粛々と行政手続きとして進めている。都議選とのタイミングうんぬんということは白紙だ」と明言を避けた。

 小池知事と対立する自民党都連は早期の豊洲移転を公約に掲げ、公明党は都議選前に結論を出すよう求めている。