ヤマト最大180円値上げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 荷物を運ぶヤマト運輸の従業員=3月、東京・銀座

 ヤマトホールディングス(HD)は28日、宅配便の基本運賃を9月までに改定し、荷物のサイズに応じて140~180円値上げすると発表した。ドライバーの負担になっている再配達の数を減らすため、届け先を自宅ではなく直営店にすれば1個当たり50円を割り引く制度を新設する。2018年3月期の宅配便の取扱個数は、前期の約18億7千万個から8千万個減る見通しを示した。

 ドライバーらへの残業代未払い問題の責任を明確化するため、山内雅喜社長ら役員6人の処分も発表した。責任の重さに応じて月額報酬の5分の1~3分の1をいずれも6カ月間減額する。