千葉大医学部生を放学処分 女性集団乱暴事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 千葉大医学部生らが飲み会で酔った女性を乱暴したとされる事件で、同大は28日、準強姦罪で執行猶予付き有罪判決が確定した医学部5年の男子学生(23)を放学の懲戒処分にしたと発表した。処分は24日付。事件を受けた学生の処分は初めて。

 同大の徳久剛史学長は「学生への倫理教育を徹底し、二度とこのような事案が起こらないよう、全力で取り組む」とのコメントを出した。

 千葉地裁で3月30日、懲役3年、執行猶予5年の判決を受けて確定。判決によると、昨年9月、飲み会で酒に酔った女性を千葉市中央区の自宅に連れて行き、乱暴した。