工事現場からクジラの化石 全身の半分発掘、岐阜

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 岐阜県瑞浪市で見つかったヒゲクジラ類とみられる化石(左が頭側)=28日午後、同市の化石博物館

 岐阜県の瑞浪市化石博物館は28日、同市の中学校の造成工事現場から1700万年前のヒゲクジラ類とみられる化石を発見したと発表した。下顎や尾に近い部分の背骨など全身の半分程度の骨が見つかっており、同博物館は「学術的価値が高い」としている。

 見つかったのは、背骨や肋骨のほか、種の特定につながる下顎や耳骨など。下顎や耳骨の形からヒゲクジラ類と推測され、体長は4・5メートル程度とみられる。

 現存するナガスクジラはヒゲクジラ類に属しており、同博物館の安藤佑介学芸員は「進化の道筋解明につながる」と話している。