ソウル、釜山で設置と表明 韓国、徴用の労働者像

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 韓国国会で、徴用された労働者の像の設置計画を発表する「対日抗争期強制動員被害者連合会」の幹部ら=28日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】太平洋戦争で徴用された朝鮮半島出身者や遺族らでつくる韓国の団体「対日抗争期強制動員被害者連合会」は28日、ソウルの国会で記者会見し、日本の植民地支配からの解放記念日の8月15日に、ソウルの日本大使館前と釜山の総領事館前に徴用された労働者の像を設置すると明らかにした。

 韓国外務省当局者は28日、外国公館の保護に関する「国際的な礼儀や慣行」の観点から望ましくないと表明した。一方、日本政府は公館保護に関する国際条約も根拠に設置を阻止するよう韓国政府に強く要求。