男子ゴルフ、今平が単独首位に 中日クラウンズ第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 中日クラウンズ第2日(28日・愛知県名古屋GC和合=6545ヤード、パー70)初日首位タイの今平周吾が66で回り、通算10アンダーの130で単独トップに立った。2打差の2位には前日6位の宮里優作と同3位の谷口徹が並んだ。

 さらに1打差の4位に香妻陣一朗、I・H・ホ(韓国)。昨年賞金王の池田勇太は通算イーブンパーで31位。通算3オーバーまでの64人が決勝ラウンド進出。70歳の尾崎将司は通算21オーバーの103位、今大会で自身が持つ史上最年長出場記録を更新した74歳の青木功は通算22オーバーの104位でともに予選落ちした。