日本復帰の川崎、6年ぶり1軍戦 米大リーグからソフトバンクに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 7回、中前に復帰後初安打を放ち、三塁ベンチを指さすソフトバンク・川崎=京セラドーム

 米大リーグから6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎宗則内野手が28日、1軍に昇格し、京セラドーム大阪でのオリックス戦に「1番・二塁」で出場し、4打数1安打、1得点でチームの3―1での勝利に貢献した。

 2012年にソフトバンクから米大リーグに移籍し、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスでプレー。今季カブスから契約を解除され、古巣に復帰した。メジャー5年の通算成績は276試合に出場し、150安打、1本塁打、51打点、打率2割3分7厘だった。