連休初日の荒天に注意を、気象庁 突風やひょうへの警戒呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は29日、同日夜のはじめにかけて西日本と東日本を中心に大気の状態が不安定になるとして、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうへの警戒を呼び掛けた。大型連休の初日は広い範囲で荒天になる可能性がある。

 気象庁によると、上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が流れ込むため、西日本と東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になる。

 西日本では29日夕にかけて、東日本では同日夜のはじめにかけて注意が必要という。局地的に強い雨となる可能性があり、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物内に移動して安全を確保するよう求めている。