バドのタカマツ、山口が決勝へ アジア選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンのアジア選手権は29日、中国の武漢で各種目の準決勝が行われ、女子ダブルス第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は第3シードの張芸娜、李紹希組(韓国)を2―0で下し、優勝した昨年に続き決勝に進んだ。

 女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)も何冰嬌(中国)にストレートで勝って決勝進出。男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は中国ペアにフルゲームで敗れた。(共同)