北朝鮮で米に自制要求

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見するフィリピンのドゥテルテ大統領=29日、マニラ(共同)

 【マニラ共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)は29日、フィリピン・マニラで首脳会議を開き、北朝鮮情勢や南シナ海問題について議論し閉幕した。議長国フィリピンのドゥテルテ大統領は会議後の記者会見で、朝鮮半島の緊張を「ASEANは深く懸念している」と述べ、米国と北朝鮮の両国に自制を求めた。

 ドゥテルテ氏は同日夜にトランプ米大統領と電話会談する予定で「戦争をしないでほしいと伝えるつもりだ」と明らかにした。ASEAN外交筋によると、ドゥテルテ氏は首脳会議でも「米国は朝鮮半島から手を引くべきだ」と述べた。