米女子ゴルフ、野村が首位キープ テキサス・シュートアウト第3日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 テキサス・シュートアウトで首位を守った野村敏京=アービング(AP=共同)

 【アービング(米テキサス州)共同】米女子ゴルフのテキサス・シュートアウトは29日、テキサス州アービングのラスコリナスCC(パー71)で第3ラウンドが行われ、首位から出た野村敏京は2バーディー、1ボギー、1ダブルボギーで72とスコアを落としたが、通算8アンダー、205でトップを守った。

 宮里美香は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの75と崩れ、通算6オーバー、219の58位で最終ラウンドに進めなかった。この大会は第3ラウンド後にも絞り込みがあり、2打及ばなかった。野村と2打差の2位に朴仁妃(韓国)ら3人が続いている。