分子の車レースで日本は棄権 100万分の1ミリ走行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 分子1個でできた車による約30時間のカーレースがフランスで28、29の両日開かれ、日本の物質・材料研究機構(茨城県)チームの車は操作用コンピューターの不具合のため途中で棄権した。100万分の1ミリの走行記録は残し、復旧努力に対し「フェアプレー賞」を受賞した。

 レースは分子の操作技術などの向上を狙い、会場となったフランス国立科学研究センターが主催。世界の6チームが100万分の1ミリサイズの車を持ち寄り、特殊な顕微鏡を使い約1万分の1ミリのコース走破に臨んだ。

 レース開始直後、主催者が用意した日本チームのコンピューターにトラブルが発生し、車も壊れた。