全米デモ、根強いトランプ氏批判 業績自賛、就任100日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トランプ米大統領が就任100日目を迎え、ワシントンで行われたデモ=4月29日(共同)

 【ハリスバーグ共同】トランプ米大統領が就任100日目を迎えた29日、全米でトランプ氏の政策に抗議するデモが起き、政権への批判の根強さが浮き彫りになった。トランプ氏は東部ペンシルベニア州ハリスバーグで数千人の支持者集会を開き、大きな業績を上げたと自賛した上で政権に厳しい評価をするメディアを非難し、政権批判に反発。米国の国益を最優先する「米国第一」などの基本路線を堅持する方針を示した。

 トランプ氏は29日、米国の雇用や製造業を守るためホワイトハウスに専門部署を新設するよう命じるなど2本の大統領令に署名した。