都民ファースト、東京以外支援も 都議選後、野田代表が考え示す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに答える「都民ファーストの会」代表の野田数氏

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」代表で、都政務担当特別秘書の野田数氏が30日までに共同通信のインタビューに応じ、7月の都議選後、都外の選挙で候補者に公認や推薦を出していくことに前向きな考えを示した。「要望をたくさんもらっている。今後の検討課題だが、その思いにしっかり応えていける態勢はつくっていきたい」と述べた。

 都議選の投開票日まで5月2日で2カ月。野田氏は争点を「小池都政にイエスかノーかだ」と強調。「過去の知事ができなかったことを瞬間的にやってのけた。これを進めるか否かの選挙になる」と語った。