神3―2中(30日)

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 8回阪神2死満塁、北條が右前に決勝打を放つ=甲子園

 【評】阪神が競り勝った。同点の八回2死満塁で北條が右前に勝ち越し打を放った。先発能見は尻上がりに調子を上げて6回2失点。3番手の桑原が2勝目。中日は一回に堂上の適時打などで2点を先制したが、二回以降は好機で凡退した。