五輪エンブレム使い新商品販売 美濃焼や今治タオル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム「組市松紋」を使った新たな公式オリジナル商品(大会組織委提供)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、5月1日から大会エンブレム「組市松紋」を使った新たな公式オリジナル商品の販売を開始する。伝統工芸やこだわりの日本素材を使用し、岐阜県の「美濃焼」による豆皿やマグネット、長い歴史と伝統を誇る愛媛県今治市の「今治タオル」、国産帆布のトートバッグなど多数の新商品をそろえた。

 価格は税別で豆皿(2個セット)が2200円、タオルは900円、トートバッグは5200円など。東京・銀座に本店がある玩具店「博品館TOY PARK」などで購入が可能で、午前11時に公式オンラインショップもオープンする。