男子ゴルフ松山、谷原組は32位 チューリッヒC、プレーオフへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 最終ラウンドをホールアウトし、握手を交わす松山英樹(左)と谷原秀人=TPCルイジアナ(共同)

 【エーボンデール(米ルイジアナ州)共同】米男子ゴルフのチューリッヒ・クラシックは4月30日、ルイジアナ州エーボンデールのTPCルイジアナ(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹、谷原秀人組は7バーディー、ボギーなしの65で回り、通算13アンダーの275で32位に終わった。

 通算27アンダーの首位で並んだヨナス・ブリクスト(スウェーデン)キャメロン・スミス(オーストラリア)組と、ケビン・キズナー、スコット・ブラウン組(米国)のプレーオフは、雷雨で6時間以上の中断が響いて日没となったため翌朝に持ち越された。