自民、与謝野氏復党を発表 都議選へ支援取り込み狙い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 与謝野馨氏

 自民党の山東昭子党紀委員長は1日、党本部で記者会見し、与謝野馨元官房長官(78)の復党を4月30日付で了承したと発表した。党紀委が持ち回りで認めた。与謝野氏が衆院東京1区(東京都千代田区など)の選出議員だった経緯を踏まえ、7月の都議選に向けて支援者を取り込む狙いがある。

 与謝野氏は2010年に「たちあがれ日本」の設立に参加して自民党を除名されていた。山東氏は「本人の希望や党都連からの要請があった」と説明。都議選に関しては「(与謝野氏の)力を貸してほしい」と述べた。

 与謝野氏は1976年の衆院選で自民党から初当選。財務相や自民党政調会長などを歴任した。