JR東の豪華寝台四季島デビュー 上質設備とサービス堪能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 野木肇雄駅長の合図でJR上野駅を出発する豪華寝台列車「トランスイート四季島」=1日午前

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が1日デビューし、上野駅(東京都台東区)を午前11時40分に出発した。高級感のあるシャンパンゴールドの車両に乗り、上質な設備とサービスを楽しみながら旅をする「クルーズトレイン」が、東日本を中心とした各地を巡る。

 出発式にはJR東の冨田哲郎社長や、車両をデザインした工業デザイナーの奥山清行氏らが参加した。冨田社長は「新しい鉄道の歴史をつくり、地方が元気になるための息吹をお届けしたい」とあいさつした。