静岡知事選、柔道の溝口氏出馬へ バルセロナ五輪で銀

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で静岡県知事選への立候補を表明した溝口紀子氏=1日午後、静岡県庁

 任期満了に伴う6月の静岡県知事選で、1992年バルセロナ五輪の柔道女子52キロ級銀メダリストの静岡文化芸術大教授溝口紀子氏(45)が1日、静岡県庁で記者会見し、無所属で立候補すると正式に表明した。一方、自民党静岡県連幹事長の県議宮沢正美氏(67)も立候補の意向を固めたことが分かった。

 溝口氏は「県政は知事の強引な政治姿勢で行き詰まりを見せ始めている。フェアプレーができるスポーツの力を政治で生かしたい」と訴えた。

 溝口氏は静岡県磐田市出身。97年に現役選手を引退後は、フランス代表チームのコーチを務めたほか、静岡県教育委員会委員長も歴任した。