コーヒー豆から残留農薬 コロンビア産、厚労省が検査命令

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 厚生労働省は1日、コロンビア産コーヒー豆から基準値を超える残留農薬が検出されたとして、食品衛生法に基づく検査命令を出した。輸入時に毎回検査が義務付けられる。問題のコーヒー豆は輸入した2社が保管しており、流通していない。

 厚労省によると、三井物産が2月にコロンビアから輸入した生鮮コーヒー豆を横浜検疫所がモニタリング検査し、基準値(0・05ppm)の4倍に当たる0・20ppmの殺虫剤クロルピリホスが検出された。毎日かなり大量に摂取しなければ影響はなく、健康被害は考えにくいという。

 また、丸紅が3月に輸入した豆からも0・07ppmが検出された。