米艦防護、稲田氏コメントせず 安保法新任務、初の実施

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 稲田朋美防衛相は1日、防衛省に登庁せず、安全保障関連法に基づき米軍艦艇を守る「武器等防護」の新任務を初めて実施したことについてコメントを発表しなかった。

 稲田氏は海上自衛隊に武器等防護の実施を命令した立場。だが防衛省関係者は「今後もコメントを出す予定はない」としている。

 防衛省が4月28日に報道各社に発表した稲田氏の日程では、1日は東京都内で終日、政務に当たるとの内容になっている。