NY株小幅続落、27ドル安 ナスダックは最高値

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 小幅続落となった1日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前週末比27・05ドル安の2万0913・46ドルで取引を終えた。米製造業の景況感指標の不振や米建設支出の減少などが売りを誘った。

 一方、業績期待から電子機器大手のアップルが大きく値上がりしたこともあり、ハイテク株主体のナスダック総合指数は43・99ポイント高の6091・60と2営業日ぶりに終値最高値を更新した。

 ダウ平均は朝方、米政府機関の閉鎖が回避される見通しになったことを取引材料に買いが先行して始まった。