遊漁船で火災けが人なし、茨城 鹿島港沖

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 茨城県・鹿島港沖で煙を上げる遊漁船=2日午前(鹿島海上保安署提供)

 2日午前6時20分ごろ、茨城県の鹿島港沖で「遊漁船火災があり付近の漁船が救助している」との連絡が漁協から消防にあった。遊漁船には乗組員2人と釣り客13人の計15人が乗っていたが全員救助され、けが人はなかった。

 鹿島海上保安署によると、巡視艇などが現場に向かい、出火時の状況や原因を調べている。遊漁船は「第1不動丸」(全長約12メートル、4・9トン)で、15人は近くにいた漁船2隻に救助された。

 火災発生現場は、茨城県神栖市南浜から沖合に約2キロの海上。