朴被告側、起訴内容を否認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウル中央地裁(奥)の前で朴槿恵被告の釈放を求める支持者=2日(共同)

 【ソウル共同】韓国のサムスングループから巨額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などで起訴された前大統領、朴槿恵被告(65)の事実上の初公判に当たる公判準備手続きが2日、ソウル中央地裁で開かれた。準備手続きは被告本人に出廷義務がないため朴前大統領は出廷せず、弁護人は起訴内容を全面的に否認する考えを示した。

 前大統領はソウル郊外の拘置所に収容されている。弁護人は検察の捜査記録などを今後十分に検討した後、認否について詳しく説明していくと述べた。