病院に軽乗用車突っ込む、大分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大分中村病院のロビーに突っ込んだ軽乗用車(右)=2日午前11時40分ごろ、大分市

 2日午前10時45分ごろ、大分市大手町3丁目の総合病院「大分中村病院」の1階ロビーに軽乗用車が突っ込んだ。大分中央署によると、運転していたのは70代の女性で、この女性を含む13人が軽傷を負った。目撃者によると、ロビーには当時、患者ら約50人がいた。

 県警は、運転していた女性のけがの回復を待って詳しい事情を聴き、原因を調べる。車には知人男性が同乗していたが、けがはなかった。

 調べでは、車は病院のガラスドアを突き破り、ロビー内を約20メートル進んで止まった。

 現場はJR大分駅から北東約1キロにある大分市中心部で県庁の東側。銀行や官公庁が立ち並ぶ一角。