豪華寝台列車「四季島」北海道に 函館到着

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北海道北斗市を走行するJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」=2日早朝

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が2日、本州と北海道を結ぶ青函トンネルを抜け、1日の運行開始後初めて北海道に乗り入れた。

 シャンパンゴールドの車体が輝く列車は2日早朝、函館駅に到着。北海道や東北などを観光しながら巡る3泊4日の旅程で、1日に東京・上野駅を出発していた。北海道では登別駅で折り返し、青森県や新潟県などを経由して4日に上野へ戻る。

 夫婦で乗車した千葉県松戸市の無職山内雅夫さん(68)は「高級感ある客室で快適に朝を迎え、豪華なフランス料理も食べられた。至れり尽くせりのサービスです」と笑顔を見せた。